神の存在に証明が必要か?

「神は存在するのか?」不信論者の学者とよく討論する問題です。この討論は、しばしば異なった外観を呈するのですが、前提はいつも同じです。:神は存在するのか、そしてこの教義を支える証拠は何か?実のところ、神の存在を証明する必要性はないと私は言いたい。つまりその質問そのものに議論の余地があるのです。実際は「神は存在するのか?」ではなくむしろ「神の存在を否定する理由は何か?」なのです。。。

続きを読む

発見できるように創られ

「しかし、下等動物から発達してきた人間の知性に基づく信念に、何らかの価値があるのか、信頼に値するのかという恐ろしい疑問が沸き起こってくることがある。サルの知性の信念を信頼する人がいるだろうか、もしこのような知性の信念があるとしたなら」。これは1881年チャールズ・ダーウィンが書いた書簡からの引用です。彼を悩ませていたのは、人間の知性は信頼に足るのか、という見解についてでした。人間が、無原則で非理論的な物理的過程に分裂し、進化したのなら、どうして私達の知性は理論的だと言えるのでしょうか。。。

続きを読む

なぜ神は災厄を見逃すのか?

人生における試練や辛苦に関するイスラームの考え方は、大変能動的です。天災、災難、悲劇、こうした苦しみや困難の形は、神から与えられた試験と捉えています。この世は一つの盛大なパーティーではなく、むしろ人間は神を崇拝するという崇高な目的のために創造されていると考えます。試験はこの目的の避けられない一部分です。こうした試験は、私達が偉大な目的を思い起こすために役立ち、自己浄化の方法として、ついには神に近づく方法として役立ちます。現に、預言者ムハンマド(彼の上に平安あれ)が言っています。。。

続きを読む

イスラームにおけるイエス・キリスト

イエスは、世界中の何十億という人々に愛され尊敬されている人物です。 しかし、この偉大な人物をめぐって、大きな混乱が生じています。 イスラーム教徒もキリスト教徒も共にイエスに高い敬意をはらっているのですが、この人物をとても異なった視点から捉えています。。。。

続きを読む

更に詳細は?

お問い合わせ

Pin It on Pinterest

Share This