感謝していますか?

無条件に与えられている、けれども自ら獲得したわけでも、自ら所有しているわけでもない、そんなとても貴重なものが、人生にあります。その事実の偉大さや重大な意味に気づくことなく、人はその恩恵を受けています。 それは、今この瞬間、次の瞬間、あなたが存在する全ての瞬間です。 あなたが、こうした全ての瞬間を「所有」していると言える証拠はありません。あなたは世界を創造していないし、そこにある命を創造していない。そして、あなた自身を存在させることもしていないのです。 あなたは、こうした全ての瞬間を本当に「獲得」しているのでしょうか。目の前の瞬間さえ「獲得」していないのに。自ら存在し得る力を持たない者が、時という恩恵を獲得することは出来ないし、またその恩恵に報いることすら出来ません。 あなたが「獲得」していないもの、あなたが「所有」していないもので、それほど貴重なものを誰かが与えてくれた。どのように感じますか?感謝? 心の内に、無限の感謝の念が湧いてくる。当然そうでしょう。 では、誰に感謝する?

 

 

答えは簡単。 命を創造し、与えてくれた方。 プレゼントをもらって、プレゼントをくれた人でなく、プレゼントに感謝することのないように。命に感謝を、この瞬間に、この時に。 神に感謝を。あなたを創り、あなたに命を与えてくれた方に。あなたが存在する、全ての価値ある瞬間を与えてくれた方に。

「アッラーはあなたがたが何も知らない時、あなたがたを母の胎内から生まれさせ、聴覚や視覚や心(知能感情)をも授けられた。必ずあなたがたは、感謝するであろう。」クルアーン第16章78節

Pin It on Pinterest

Share This