幸せですか?

人は皆、幸せでありたいと思う。 たとえ正確に「幸せ」とは何か言えなくても。満たされ、不足無く生活し、友人や家族に囲まれることを望み、日々の生活からくるストレスや重圧に、押し潰されることがないことを望んでいる。一般の人々に、どうしていい仕事に就きたいかと問うと、恐らくこう答えるでしょう。「不自由無く暮らせるお金が欲しいから。」どうして不自由無く暮らしたいのかと、更に聞いてみると、彼らはこう言うでしょう。「幸せになりたいから。」 「幸せ」は最後の到達点で、過程ではないようです。「幸せ」は旅の最終目的地で、旅そのものではありません。人は皆、幸せになりたい。そして幸せの状態を確約してくれる方法を、探し求めています。

 

 

幸せと感じるものは、一人一人異なります。名前に箔をつけてくれる学歴やキャリアのために、何年も勉強し続ける人もいる。完璧な肉体のために日夜励む人もいる。パートナーの愛や賑やかな家族を求める人もいる。一週間のきつい仕事を終え友人と週末ごとにはじける人もいる。ライフスタイル雑誌を貪り読み、標準的家庭を築きたがっている人がいる。幸せのリストに終わりはありません。金銭、地位、周りの人、単にいい時間などを通して、人は皆幸せになろう、幸せに生きようとし、遂には幸せという状態にあろうとしています。すると疑問はおのずから湧き上がる。本当の幸せとは何?本当の幸せが存在するのならそれはどこにあり、どうすればそこへいけるの。 こうした疑問に答えるには、こんなシーンを想像して考えてみよう。今これを読んでいる最中に、意識が遠のいていく。そして突如目覚めると、あなたは飛行機の中にいる。ファーストクラス。専用の客室乗務員がいて、食事は天国のよう。座席はフルフラット。贅を凝らした快適さが約束されたデザイン。機内エンターテイメントは限りなく。サービスはこの世の物とは思えない。全ての設備を味わい尽くした、その瞬間を想像してみよう。そして自分自身に聞いてみて:私は幸せ? まず聞いてみたいでしょう。どうやってこの飛行機に乗ったのか。この飛行機はどこへ向かっているのか。こうした疑問が解決されない限り、幸せだなどと感じられないでしょう。贅を尽くした全てのものを、好きなだけ楽しんだとしても、決して真の幸せなど獲得できるわけがないでしょう。デザートのふわふわのベルギーチョコムースが疑問に答えてくれるのでしょうか?それは妄想で、偽物の幸せで、意図的に、重要な疑問を無視して先送りにしているだけなのに。 この例をあなたの人生に当てはめて、自分自身に問うてみて下さい。私は幸せ? 私達が存在するに至った事実は、意識を失い、飛行機に乗せられているようなもの。私達は自分の出生を自分で選んではいません。しかしながら、疑問を感じることも、答えを求めようともしない人がいます。私達が最終目的地、幸せに到達出来るための答えを。

Pin It on Pinterest

Share This